自分のボーナスは自分で稼ぐしかない! 印刷営業マンが生活自衛の為に立ち上がった。 嫁さん子供を抱え、もう前に進むしかない!   会社の売り上げも上げながら 必死にデイトレを頑張る 大阪の中年おやじのブログ

 

月別アーカイブ:2011年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新首相で一気に復興

新しい首相が今日決まる。

モタモタしていた菅さんが
やめるだけでも

好材料だ。

復興税も含めた増税は
国民も理解するだろう。


被災地の支援はいの一番の
優先順でなければいけない。


そんな意味で

新首相の野田さんには期待がかかる。

素早く行動してもらいたい。


復興銘柄としては

1888  若築建設  118円

5233  太平洋建設 158円

6301  コマツ  2025円

(8月30日 AM 9:30現在)

などが要注目だ。

特に値を飛ばしそうなのは

若築建設だ。   
スポンサーサイト

そろそろ爆上げ?

1888 若築建設

108円

がそろり爆上げを狙っている。


チャートを見ても

それが裏付けられている。

明らかに右肩上がりに
変化しているのだ。


復興関連の穴株として
注目しているが

とりあえず
130円台を

目指したい。

円高関係ねー

円高は

76円台で定着している。

しかし

このまま定着しそうだが

輸出関連がとんでもなく
下げている。

コマツ、トヨタなど

優良関連銘柄が安い。


その反面

円高でも関係なく

国内需要で実績を上げている銘柄が
手堅い。


4680
ラウンドワンもその一つ


626円 2円安

だが
頑張っている。


国内のレジャー産業やゲームソフト関連に
資金が集中するだろう。

復興関連の穴株

菅さんがようやく退陣表明して

新しい首相選びが騒がしくなったが

どちらにしても

被災地の復興に関しては
急いでかからねばならない。

手柄をあげることしか
考えていないリーダーから

実務をしっかりと進めることを
目的にするなら

大連立もいいだろう。


その中で

今まで滞っていた案件を
しっかりと実行してほしい。


とくに被災地のライフプランが
提案されているが

とちらにしても

マリコン

海洋土木は外せない。


そんな動きを察してか

この銘柄も動き出している。


1888 若築建設

8月18日  11:00現在

101円

静かに着実に上げ出している。

内需関連に注目

円高はどうやら

76円前後で定着しそうな雰囲気だ。

ここは

輸出企業はあきらめ

内需関連銘柄にシフトした方が良いだろう。


建設、食品、ソフト、ゲーム、レジャー関連だ。


先の大暴落で


めちゃくちゃ下げたが

ちゃっかりと

上げている銘柄もある。


太陽光発電やスマートグリッド関連

など


大きく上げているものもあるので


取捨選択を早めにした人が

おいしい思いをするだろう。

マリコン来るか

昨日で大震災から5カ月が経った。

被災者の方にはあらためて
心から
哀悼の意をささげます。


その
被災地だが

復興が遅れ

まだまだがれきの山が
街を圧迫している状態だ。


がれきの処分についても
受け入れる場所がなく

行き場もない。

これも全て放射能の余分なマイナス価値が
邪魔をしている。

大文字焼で被災地区の木で作ったお札を
燃やすと放射能が飛散するのではという

根拠のない声で中止になったことも記憶に新しい。


しかし実際に不安に思う人もいると言う事が
よく分かる出来事でもあった。



被災地のおかれた実情というものが
伝わってくる話ではある。


しかし


復興に関してはスピード上げて
かからねばならない。


いろんな提案が出ているが
どちらにしても

海沿いの街作りということでは

マリコンは必需になってくる。


その思惑が高まった時に

火柱高になる銘柄も出てくるだろう。


1888

内需関連銘柄に妙味あり

円高で損失が生じるもの

恩恵を受けるものの差が
はっきりしてきた。

しかし


総じて

反発力は強いとみている。

逆に

買い場を探る動きが活発化してないだろうか。


とくに

内需関連銘柄だ。


輸出に頼る機械メーカー以外になるが

建設株、マリコン関連が

菅首相が変わることを契機に本格高するような
気がしてならない。


今迄、なりを潜め過ぎていたきらいもあり

反発する所を狙っている。


1812 鹿島建設   218円 1円高  9:49  現在

1888 若築建設    93円 4円高  9:52  現在


復興が本格化するごとに話題になる可能性が高く

要注目だ。

リバウンド狙い

世界同時株安の様相を呈してきた。


一般投資家なら
だれしも
浮足立って銘柄を手放すのが
普通だろう。



逆にチャンスと受け止めている人も
多いはずだ。


その場合は

どこが底なのかを
模索する必要があるが


私はさらにもう一段下げる場面が
出てくると思う。


アメリカの格付けが
もう一段下がる可能性もあり

円高では日本の企業の空洞化が
更に進むと予想もされ

先行きに不安を感じる投資家が
投げ売りしてくるだろうと
予想される。


しかし

逆に日本の信頼性は高まり

優秀な日本企業に対し

外国人投資家が一気に安いところを
買いに来る場面もあるからだ。


リバウンド狙いなら
その時がチャンスかなとも思う。

今は誰もが様子見を決め込んでいるが

静かにチャンスを窺う投資家も
いるという事は

知っておいた方がいいだろう。



どこまで続く?

恐れていたことが
起きてしまった。

単独介入しても

あまり意味はなく

世界的な株安を起こしてしまうのではと
案じていた。

日銀介入は伝家の宝刀のような意味合いがあり

絶対的な力がないといけないのだが


それも

一時的な対処療法となりつつある。


これでは

逆に世界的な不安をあおってしまいかねない。


リーマンショックやプライムローンは

はある意味事件として扱われたが

いまは

世界全体の地合いが下がっている。


そんな中、単独介入というのは
意味がない。


とりあえずの策は今後、影を落としそうだ。

協調介入はいつ?

1ドル76円なんて
ありえない状況だ。


85円が採算ラインの企業も多いはず。

いかに異常な状況なのかがよく分かる。

その分迅速な日米の協調介入が行われるはず

市場は見越している動きもあるだろう。

このまま行く事はないだろう。



それにしても

アメリカも頼りない。

プライムローンであれだけの影響があったのに
リーマンショックや
債権の限度不足で

信用はガタ落ちだ。


そんなアメリカにおんぶにだっこされている
日本はもっとあぶないのかも知れないな。


菅さんが平然と居座れる国だということが
証しでもある。

もっと緊迫した空気が必要なのに
なにか

のんびりしている。


震災後の対策もままならないのに
何をやっているんだろう。


9424  日本通信

プロフィール
プロフィール用ito-yoshi
カテゴリ
ブログランキング応援してね
相互リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。