自分のボーナスは自分で稼ぐしかない! 印刷営業マンが生活自衛の為に立ち上がった。 嫁さん子供を抱え、もう前に進むしかない!   会社の売り上げも上げながら 必死にデイトレを頑張る 大阪の中年おやじのブログ

 

カテゴリー:テイータイム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株価が動くとき

ここ数日、
ヨーロッパの金融不安や円高の影響で

株価の乱高下がおきているが

元来株価が動く時はチャンスだと思っている。


下がるにしろ
上がるにしろ

原因と材料がないと
株価は動かない。

しかし

地合いそのものが動き
全体に下がる局面があるなら


銘柄をピックアップしておくべきだと思う。

今どんな理由で下がったのか
上がったのかを

チェックすることで

次回のチャンスになるからだ。
スポンサーサイト

復興のゆくえ

今日で東北沖大震災から半年が経つ。

その間、ボランテイアや自衛隊が活躍し
がれきの山もかなり

整理はされた。


しかし、現状は殆どこれからの復興というところが
大半だ。


一般の県民にとってはおそらく何も変わっていないのではないか。


仮設住宅も一応は経ったがそれからの
コミュニテイなど

生活の基盤が作られていない。


雇用の面もしかりだ。

人間が活動するには

どうしても基盤は必要で


2年やそこらで築けるものではないと思う。

政府は復興税や消費税を値上げしてでも

被災地を補助して欲しい。

時限立法でもいいのではないか。

日本国民が今なら

まだ

納得してくれるはずだ。

内需関連に注目

円高はどうやら

76円前後で定着しそうな雰囲気だ。

ここは

輸出企業はあきらめ

内需関連銘柄にシフトした方が良いだろう。


建設、食品、ソフト、ゲーム、レジャー関連だ。


先の大暴落で


めちゃくちゃ下げたが

ちゃっかりと

上げている銘柄もある。


太陽光発電やスマートグリッド関連

など


大きく上げているものもあるので


取捨選択を早めにした人が

おいしい思いをするだろう。

どこまで続く?

恐れていたことが
起きてしまった。

単独介入しても

あまり意味はなく

世界的な株安を起こしてしまうのではと
案じていた。

日銀介入は伝家の宝刀のような意味合いがあり

絶対的な力がないといけないのだが


それも

一時的な対処療法となりつつある。


これでは

逆に世界的な不安をあおってしまいかねない。


リーマンショックやプライムローンは

はある意味事件として扱われたが

いまは

世界全体の地合いが下がっている。


そんな中、単独介入というのは
意味がない。


とりあえずの策は今後、影を落としそうだ。

ドルと節電

アメリカのドル安が日本の経済に
暗い陰を落としている。

一ドル77円台では

輸出企業はとうていやっていけないだろう。

単独介入になるか 強調介入になるか
分からないが

とちらにしても

基調はアメリカへの不信からきている。


いくら頑張っても
利益が得られないなら

トヨタなどの自動車メーカーも大打撃を
受けることになり

次の決算報告時にはかなり値も下げると
思われる。


日本にはそのうえ
原発問題が腰を据えており

その流れで節電を強いられている。


このダブルパンチでは
もたない企業も出てくるだろう。


体力のあるところしか
残ることができず


中小の関連企業で余力のないところは
銀行も警戒し

融資も滞ることになりかねない。


そう言った意味では
この夏が正念場でもある。


銘柄選びもかなり難しくはなるが
円高・節電に

なるべく左右されない

レジャー産業などは

案外狙い目かも知れない。
プロフィール
プロフィール用ito-yoshi
カテゴリ
ブログランキング応援してね
相互リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。